やっとK-1フルサイズ専用のレンズを購入しましたので所感含めて書いておきます(^^)/

HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR

IMG_5166

PENTAX HPより抜粋———————-
高い描写性能とF2.8の明るさを実現した大口径標準ズームレンズ
35ミリ判フルサイズデジタル一眼レフカメラに装着した際に超広角から標準までカバーでき、24~70mm(注1)の焦点距離全域で開放F値2.8を実現した大口径標準ズームレンズです。
PENTAX HPより抜粋———————-

さんざん迷いましたが最終的に購入したのはこちらのDFA24-70mm f2.8となりました( *´艸`)
最重要としていた描写力・解像度なのですが、これを一番書きたかったのです^^;
K-1購入後以降DA12-24mmを19mmあたりから、HD16-85mmをクロップで使用して来ましたが、比較写真を載せられれば良いのですがちゃんと比較を撮っていないのでこれは後日として光学系の違いがおおきいと思いますが解像度、描写力共に抜群に上がります!
液晶モニターで確認しても、明らかに違う…。勿論被写体にもよりますが等倍チェックしても破綻もなくダイナミクスレンジもDAレンズより格段にあがります!
K-1のフルサイズを引き出すにはやはりフルサイズ用のレンズだと実感^^;

 

こちらのレンズはTAMRONのOEMと巷では言われています!正直なところTAMRONさんの営業の方に聞きましたが断言はさすがにしませんがそれとなく(;’∀’)まぁそういう事でしょう♪
自分としてはOEMだろうがなんだろうが、『気に入って使う事が一番』と言う大前提があります♪
勿論完全純正で作ってくれれば~っていう願望もありますが、それは経営的なものもありますし、昨今のデジタルカメラの減収を考えると安易的なものではないなと!
OEMだとしても純正から出てるレンズではあるので、サポートの対応なども抜群ですしピント調整も楽なのでやはりこれはこれで良いものかと思います(^^♪

フルサイズ用のレンズに変更していざ撮影をしましたが…良い意味で今までの撮影スキルを試されるレンズかと(;’∀’)
ピントもシビアになりますし露出コントロールも少し変わりスキル不足が露呈されました!
光りの入り具合も当然変わりますし、センサーサイズ、最新光学系のレンズが相まって本来の力が発揮されるものなんだと思います

HDコーディングのお蔭でフレアー・ゴーストも極力抑えられるのでさすがと思います!
明らかな逆光や太陽直射だと構図によっては出ますけど、それでもかなり抑えられてます♪

 

注意するポイントとして、このレンズSPコーティングされてないので、リコーイメージングスクエア新宿のSTAFFさんも保護フィルターはつけてもらった方が良いとのことで、先日Kenko ZX保護フィルターを購入し装着!
その上でダイヤモンド富士を撮影しましたがゴーストもフレアもほぼ発生しませんでした♪

 

結局K-1での標準レンズは??

K-1で使用できる標準レンズは今現在販売されてるものとして
●TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
●HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
●HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR
この3本しかありません!
値段もTAMRON28-75mmは30,000円前後、DFA28-105mmは60,000円前後、DFA24-70mmは135,000円前後とかなり差がありますし懐との相談が必用になると思いますが、迷ってる方もいるかと思いますので自分がポイントとしたこと書いておきます♪

広角端:28mm or 24mm
テレ端:105mm or 70mm
F値:F3.5~5.6 or F2.8通し
重量:463g or 812g

これを大前提での比較対象として併せて
光芒の綺麗さ
被写体
ですね!

以下は個人的見解含めますが、光芒に関しましてはやはりDFA24-70mmの方が綺麗に出ると思います!勿論シチュエーションなどにもよるとは思いますが、多分SPコーティングの影響があるんじゃないかと(;’∀’)
ISO設定を間違えてしまいましたが以下参考に♪

IMGP2299

『HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR』
f/22 1/320s ISO-200

 

IMGP2306

『HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR』
f/22 1/200s ISO-100

被写体に関しては自分の場合、以下シチュエーションが前提となります!
●風景
●登山
●星景
これがメインになる為、やはり広角端24mmは欲しかったのと星景を撮影するときにF2.8は大きなアドバンテージになると言うこと!
勿論今までのDA12-24mmでも星景を取ってきましたがF4通しとなる為、どうしても長秒になり星が少なからず流れてしまいました(;´・ω・)ISOをあまりあげたくないっていうのもありますし…
これが2段変わりF2.8になると言うことは長秒もかなり短時間で抑えられるというのが大きいです!
また登山するので極力荷物は減らしたくこれ一本で賄えると言うのも大きいですね♪

あとこれはかなり重要になりますが…
装着してカッコいい( ;∀;)
やっぱり見た目も重要ですw

ちなみに中古での購入はあまりお薦めしません(;’∀’)と言うのもこちらのレンズ防塵では無い為若干埃が入りやすい可能性があります!事実いろんなサイトでの中古を確認し、実店舗でも確認しましたが少なからず埃・塵が混入していました…ズームレンズなのである程度はしょうがないものですが、可能であれば新品の方が安心且つ納得できると思います(^^♪

IMG_5171

ここまで購入後初投入した所感を書いておきました♪

また撮影も増えると思いますし、随時更新してきます(^^♪

使用感更新——-2017/09/28

先日の七面山からのダイヤモンド富士にて本格的にDFA24-70mmを使用しました♪
その前までは夜間撮影がほとんどだったので夜の解像感などは分かっていたのですが朝日など光量が増える朝や日中でどうなるのか楽しみにしていました(^^♪
まずこのレンズの特性としての24-70mmで標準レンズとはなりますが広範囲で使用できるメリットはやはり高いと思います♪
と言うのもダイヤモンド富士は本当に1~2分の間に劇的に表現が変わってしまい当然その間にレンズ交換なんて無理な訳でして(;´・ω・)
2台体制で臨めばベストかと思いますが登山に2台はさすがに辛いです(-_-;)

同じ構図だけを撮影したいのではなく可能な限り色々撮影したいのが自分のスタイルな訳なので本編を見てもらえるとわかると思いますが、結構構図変更や遠近変更しています♪
そういう意味でもやはりオールラウンドに使用できるレンズだなと( `ー´)ノ

また逆光耐性はかなり高いのではないかと思う♪
これはHDコーティングのお蔭だとも思っていますしKenkoの保護フィルターZXのゴーストフレアを抑える技術もあると思います(^^)/

このレンズ実直に見た雰囲気、思い描いた風景をストレートに撮影出来る素直なレンズだなと今回の撮影で実感しました♪
割とお薦めです♪

DFA24-70mmで撮影した写真はこちら